あじこの雑記ぶろぐ

好きなものについてつらつらと〜

【感想】トリック・横溝正史・江戸川乱歩好きな私にはささった「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」 

おはいがす、或いはおばんでがす。

 

オタク界隈?で話題になっている

映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」

を見てきました!

 

今回はこちらの映画について語ります。

 

あらすじとか物語の内容には深く触れずに

個人的に感じたことや気になったことをピックアップして書いています。

 

ただ映画の内容には触れるのでネタバレ注意です。

 

それでもよければ、お付き合いください!

 

ーーー

 

 

トリック?横溝正史江戸川乱歩

 

ブログのタイトルにも書いたように、

「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」(以下ゲ謎)は

ドラマTRICKシリーズ、横溝正史江戸川乱歩作品が好きな私にはもってこいの映画でした。

 

一族の相続の問題だったり、田舎の悪習、妖しい感じだったり。

呪いとか妖怪が出てくるのが面白いと思うのはやっぱり日本人なのかなって感じましたね。

 

エクソシスト(まだみたことないですが、、、)って

キリスト教徒が見ると余計に怖いって話を聞いたことがあるんです。

日本人の友人が見たらそこまででもなかったって。

 

文化的背景は好みにも影響するんですね。

 

 

針山地獄のような仕打ち、百舌鳥の早にえか?!

 

龍賀家の人たちが殺されていく中で、丙江(ひのえ)高い木に体が突き刺さって死亡しているシーンがありました。

 

残酷な場面ではありますが、私にはあれにしか思えませんでした。

 

そう「百舌鳥のはやにえ」です。

 

鳥のモズが獲物を木の枝などに突き刺しておく、あれです。

実家の家にもたまにカエルやトカゲが刺さっていてビビるのですが…。

 

そして今回のように「百舌鳥のはやにえ」のような殺人方法が出てくるドラマといえば、TRICK(トリック)です!

 

私の大大大好きなドラマ。

ドラマ、スペシャル、劇場版、セリフも覚えるほど何百回みたことか。

 

トリックの新作スペシャル2にそのモズのような殺人方法が出てくるんですよね。

奈緒子と矢部はモズと聞いて「バーガーか」という返答をするあれです。

 

ゲ謎でめっちゃ不気味な場面なのに、

頭の中では「モズ」「バーガーか」と奈緒子の声で流れるので

笑いをこらえるのに必死でした…。

 

 

地下にある並べられた大量のベッド

 

龍賀家の地下にある人「M」を製造している場所。

そこには大量のベッドが並べられて、人間たちが苦しみながら利用されています。

 

そのベッドの描写が藤本タツキ先生の「ファイアパンチを彷彿とさせました。

 

ファイアパンチの中で、特別な力を持つ「祝福者」たちが社会のために利用されるという場面があります。

例えば、登場人物のひとり「サン」は電気の祝福を持っているため、電気を生み出すためにベッドに繋がれ、身動きが取れず自由を奪われるというシーン。

 

 

時麿がゴジラより何よりこわかった

 

1週間くらい前に「ゴジラ−1.0」を観に行ったんです。

家族と行って「ゴジラこわかったね〜」なんて言い合ってたんですけど、

 

時麿の登場シーンの方が何倍もビビった!

 

時麿のあの白塗りの顔出てきたとき、スケキヨかって。

 

小さい頃、志村けんさんのバカ殿が本当に怖くて。

なぜなら白塗りの顔がなぜか苦手で。

当時の記憶がブワぁって蘇りました。

 

ゲ郎が履いている下駄もリモコン下駄ですよね。

いつからリモコン下駄って呼ばれるようになったのかなあ。

 

 

ナルト走りするゲゲ郎

 

沙代が死んでしまって、次なるゲゲ郎の妻がいるとされる場所へ向かうゲゲ郎と水木。

 

沙代がいなくなってしまったのにあっさり次に向かってしまう二人にちょっと笑いそうになりました…。

 

そこで見られるゲゲ郎の走り姿ですが、

ナルト走りだ!

 

あと、ゲゲ郎が履いてるのってリモコン下駄ですよね。

あの時代はなんて言ってたのかなあ〜

 

 

白髪になった水木

 

江戸川乱歩の「孤島の鬼」だ!

 

小説の冒頭一晩で白髪になったみたいな感じじゃなかったでしたっけ?

子供の頃読んだから記憶がうろ覚え…

当時、大変なことがあれば一晩で全頭白髪になってしまうのかも…

と思っていました。

 

特典もらえた!!!

水木とゲゲ郎の二人が描かれたカードいただきました!

 

 

最近は映画館でチケットをもぎるという行為が少なくなりましたよね。

だからただチケットを見せて入場しようとしたら、チケットを受付の人に渡さなきゃいけなくて。

なんでだろ?正しい大人料金でチケット買ったのにな〜

とか思っていたら特典を準備してくれているだけでした笑

 

これは第2弾の特典らしく、第1弾はゲゲ郎&鬼太郎、水木&鬼太郎のイラストのようでした。

今回は鬼太郎に向かって手を振っている二人といったところでしょうか。

 

 

さいごに

 

先日ゴジラを見て、ゴジラが現実世界にいたらめっちゃ怖い!!

って思っていましたが、今回見たゲ謎の方が怖かった…!

 

鬼太郎は小学生の時にアニメをやっていましたし、

漫画も買って読んでいました。

なので全然知らないわけではないのですが、

今回は映画タイトルにあるように鬼太郎誕生秘話なんだなと。

ほんとそれしか知らずに観に行きました。

 

狂骨がでっかい骸骨っていうのも怖かったんだけど、

それよりも田舎の悪習とか、呪いとか、精神的に追い込まれた人の行動(時麿)とかが怖かった・・・!

 

ときマロって表記するとかわいいね

ときメモみたい

 

アニメだからって余裕こいてたけど、

子供んとき見たらちょっとトラウマもんですよ。

 

それが悪いということじゃなくて、ただ怖いって話です。

 

トリック、横溝正史シリーズの怖さ、不気味さが大好きな私は好きな作品の一つになりました!

 

んでまづ!